シャンプーが合わない

シャンプーは合わなくて当然!

髪と地肌のトラブル

なんだかいつも使ってるシャンプーが合わないんだよなぁ・・・

 

という人は多いと思いますが

 

合わなくて当然!と言っていいと思います。

 

髪質や頭皮の状態は人によって全く違います。

 

また、薬と同じように、ある成分が人によって効く、効かない、というのもあるんです。

 

合わないときの症状6タイプ

 

合わないときの症状は、だいたい以下の6タイプ

  1. 頭皮が痒い!
  2. 髪がパサつく!広がる!
  3. くせ毛、猫毛で困る!
  4. フケが多い!
  5. 頭皮がべたつく、すっきりしない!
  6. 抜け毛が多い!

 

では順々に解説していきます!


シャンプーが合わない症状1:頭皮が痒い場合

頭が痒い
シャンプーが合わないなあ、と考えている人は、この症状が一番多いのではないでしょうか!

 

痒い原因には、3パターンあり、それぞれ対応が違います!

  • 頭皮の脂
  • 頭皮の乾燥
  • シャンプーの成分が合わない

頭が痒い時に頭皮を触ると思いますが、その時に脂ぎっているのか?乾燥しているのか?そのどちらでもないか?

 

では順を追って解説していきます。

 

頭皮が脂ぎっている場合

頭皮の脂

 

この時、注意するのは、洗えてないのか?洗えていたけど時間が経つと脂っぽいのか?という所です。

 

毛穴の脂は落ちにくい

毛穴の脂

 

キッチンの油汚れが落ちにくいように、毛穴に詰まった脂(あぶら)というのは実に落ちにくい物です。

 

洗浄力が強ければ良いわけでは無く、毛根に入り込んで汚れを落としてくれる構造のシャンプーが必要です。

 

育毛シャンプーはおすすめか?

育毛シャンプー

 

頭皮をキレイに洗うことを考えると、育毛シャンプーが良いのでは?と思いがちですが、育毛シャンプーには育毛成分が入っています。

 

頭が痒い、という症状があった時、原因を突き止めるのが先決ですので、まずは毛穴の脂を取る!という事だけに特化したシャンプーがおすすめです。

 

頭皮の脂を取るシャンプー:例

 

例えば、頭皮の毛穴汚れを落とすために作られた、洗髪用石鹸です。

 

リンスやコンディショナーも不要のヘアソープなので、しばらくこれ1本で痒みが収まれば、痒みの原因は毛穴の汚れだった!と判明するのではないでしょうか。

 

詳細は公式サイトでご確認下さい↓

 

■スカルプケアソープ「サボン モーヴ」

 

このように、毛穴汚れを落とす事に特化したシャンプーはあるので、現在、脂ぎっている人は、そういうシャンプーを探してみるのをおすすめします。

 

夕方になると脂っぽくなる場合

夕方になると頭が脂っぽくて痒くなる

 

朝にシャンプーをして、お昼はそうでもないけど、夕方や夜になると脂っぽくて痒くなる、そんな方もいると思います。

 

この場合、シャンプーというよりは現在の頭皮が脂が出やすい状態なのかもしれません。

 

市販のヘアトニックには、皮脂を抑える成分が入っているので、この場合はシャンプーよりもヘアトニックがおすすめです。

 

頭皮の汚れについては、「症状5:頭皮がべたつく」も参照して下さい。

 

頭皮が乾燥して痒い場合

地肌が乾燥して頭が痒い

 

地肌が乾燥して頭が痒い!というのは、よくあるパターンです。

 

腕や足の肌がカサつく方は、頭皮も乾燥しやすい傾向にあります。

 

乾燥肌と同じように、地肌も乾燥しすぎると痒くなったり、フケが多く出たりします。

 

実は洗いすぎ?

シャンプー洗いすぎ

 

地肌が乾燥してしまうのは、肌質もありますが今使っているシャンプーの洗浄力が強すぎるかもしれません。

 

市販のシャンプーは石油活性剤を原料としたシャンプーが多く、洗浄力が強いので合わない可能性が高いです。

 

ただ、洗浄力が弱すぎると、今度は汚れが残ってしまうので、自分にぴったりの洗浄力を持つシャンプーに出会うまで、色々と試してみる必要はあります。

 

手っ取り早いのは頭皮用美容液やヘアオイル

ヘアオイル

 

聞き慣れない言葉ですが「頭皮用美容液」、または「ヘアオイル」という物があります。

 

化粧水のように、髪と頭皮に保湿と潤いを与える物です。育毛剤ではありません。

 

画面の商品は「チャップアップ・ヘアオイル」。詳細については長くなるので公式サイトをご覧ください。

 

チャップアップヘアオイル

 

 

さて、問題は、頭皮がべたつくわけでもなく、乾燥肌でもないけど、なんだか頭が痒い、という場合。

 

シャンプーの成分が合わないかも?!

シャンプーの成分

 

シャンプーに入ってる化学成分は多種多様。

 

通常の市販で売られているシャンプーは「石油活性剤」という物で洗浄成分を作っています。

 

また、増粘剤や香料といった合成物質も入っています。

 

どれかの成分が肌に合わなければ、痒みの原因になるかもしれません。

 

「アレルギー」とまではいきませんが、肌に合うか合わないかは人によって変わります。

 

今のシャンプー、なんか頭が痒いかも・・・と思う人は、いっそ、単純な成分の物に変えてみるのも手です。

 

一番単純なのは、石鹸シャンプー

 

シャンプーで一番単純な物は?と考えると、この石鹸シャンプーが一番単純だと思います。

 

ただし、洗浄力が強いのと、髪がギシギシするので長い髪の人には合わないかもしれません。

 

値段は500円程度と安く、スーパーやドラッグストアでも見かけますので、手に入りやすいと思います。

 

ちょっと高いけどオーガニック・シャンプー

オーガニック・シャンプー

 

少し値段は高いですが、市販のシャンプーを使っていて「肌に合わないな」と思った時に試したいのがオーガニックシャンプーです。

 

ハーブや果物といった、天然資源から抽出された成分を原料としているので肌のトラブルが起きにくい利点があります。

 

お値段は平均3千円、高いものだと一万円を超えるものまであります。

 

比較的、安いオーガニック・シャンプーもあります。

オレンジシャンプー

 

オーガニック・シャンプーは値段が高いのがネックですが、探せば安い物もあります。

 

上記画像はあまり有名ではありませんが、「オレンジシャンプー」というオーガニック・シャンプーです。

 

お値段1380円と安め。

 

 

オレンジの成分で作ったオーガニックシャンプーで、従来の市販製品のように化学成分が入っていないのが特徴です。

 

コンブエキスが入っていてトリートメント効果があり、リンスやコンディショナーは不要です。これ1本で終わります。

 

公式サイトで初回限定ですが「1本の値段でで2本貰えるキャンペーン」をやってました!↓

 

90万本突破!オレンジシャンプー

 

 

以上、「シャンプーが合わない症状1:頭皮が痒い場合」でした。

自分に合うシャンプー探し、変え時など

自分に合うシャンプーを探す

自分に合うシャンプーに出会うまで、どんどん変えたほうがいい!

 

人によって髪質や体質は違うので、どのシャンプーが自分に合うのかは、その人その人によって違います。

 

評判が良くても「合わないな」と思えば、どんどん変えていきましょう!

 

 

では、「変え時」はいつか?

 

もちろん、一本使ってみた時というのが、一番変え時には違いありませんが、効果が出てくる期間が「頭皮」と「髪」では違うという事を覚えておきましょう。

 

頭皮なら3日、髪なら3ヶ月

綺麗な髪

頭皮の痒みや、べたつきならば、シャンプーを変えて3日もすれば、違いが解るでしょう。

 

なかなか解りずらいのが、髪質を変えたい場合。

 

髪が伸びる速度は一ヶ月に1センチ程度です。

 

それを考えると、髪質などに効果があるかどうかは、最低でも3ヶ月ぐらいは使ってみないと解りません。

 

同じように、育毛の場合もそうです。

 

育毛

 

弱った毛根が元気になって毛が生えてくる、または毛が太くなる、というのを実感するには、これも3ヶ月ほどはかかるでしょう。

 

シャンプーは人によって合う、合わないがあるので、どんどんシャンプーは変えていって、自分に合うシャンプーを探せばよいのですが、髪質の改善や育毛を考えるのであれば、ちょっと長い期間を試してみないと解らない!という事です。

 

色々試して、自分にピッタリのシャンプーに出会えるといいですね!!

 


更新履歴
page top